風情のある温泉街

関西の奥座敷・有馬温泉に行くならココだけはおさえておきたい!そんな温泉街の観光スポットを紹介します。

太閤秀吉ゆかりのポイントを歩く

有馬温泉「ねね橋」温泉街の中心でひときわ目立つ赤い欄干の「ねね橋」。秀吉の正妻だったねねにちなんで名づけられた橋です。

そのそばには、有馬川を挟んで「ねね像」と「秀吉像」が見つめあうように立っています。「ねね橋」に対してもちろん、秀吉にちなんだ「太閤橋」もあります。夜はライトアップされて、とっても幻想的。

この2つの橋の間にある公園には桜が植樹されていて、春になるとお花見でにぎわいます。桜が咲く時期の有馬には、一度ぜひ訪れてほしいですね。

炭酸せんべいの元祖は有馬温泉

有馬温泉の「銀泉」には、二酸化炭素を多く含んだ「炭酸泉」があります。これを利用して名物となっているのが、「炭酸せんべい」です。

ねね橋のたもとにある「三津森」は、炭酸せんべい発祥の店として知られた老舗。直径10cmほどあるわりに、すごく薄いのが特徴的な炭酸せんべいは、湿気を防ぐため缶に入って売られている人気のお土産です。

オススメ休憩スポット

散策を楽しんだあとは、休憩どころで甘味はいかが?

有馬温泉「きんせん堂有馬茶房」例えば、有馬温泉駅構内にある「きんせん堂有馬茶房」。有馬名物「金泉焼」でも知られるお店ですが、こちらの2階にある休憩所では、はぶたい小餅の入った「餅ぜんざい」や、丹波産黒豆を使用した「黒豆わらび餅」などがいただけます。どれも素材にこだわった手作りおやつです。

また、有馬温泉街にある「茶房 チックタク」は、昭和を感じさせるノスタルジックな雰囲気の喫茶店。有馬で人気の有馬サイダーを凍らせたデザート「有馬サイダーシャーベット」は、温泉で温まった後や暑い夏にピッタリです。